小笠原一馬 ドラム教室 渋谷 東京

今なら1レッスン3,400円から! 【小笠原一馬 ドラム教室 渋谷 東京】では、一人ひとりの生徒さんに合った最良のレッスン内容を考え、レベルの高い良質なドラムレッスンを提供します。

「レッスンノート」の記事一覧

ドラムの音の出し方 11

初心者の方向け ドラムの音の出し方11   さて、逆に良くない肩の関節の動かし方は、肩を横に動かすことです。   これをやってしまうと、スティックの方向と逆になってしまいますし、何よりずっと続けてみて […]

ドラムの音の出し方10

初心者向け ドラムの音の出し方10   肩の関節をどう動かすのが一番良いのでしょうか?   肩の関節は、歩いているとき、走っているときと同じように真っ直ぐ前に動かしましょう。     […]

ドラムの音の出し方 8

初心者の方向け ドラムの音の出し方 8   クリップの位置と角度が決まったら、いよいよスティックを動かすことになります。 いよいよスティックを動かすことになります。   まずスティックの動きをどのよう […]

ドラムの音の出し方 7

初心者の方向け ドラムの音の出し方7   それでは手首の関節はどのように動かせばよいのでしょうか?   伸ばした手を手のひらの方向に向けて動かしてみてください。   「おいで おいで」のよう […]

ドラムの音の出し方6

初心者の方向け ドラムの音の出し方6   さて、スネアに向かって姿勢を作れました。   次はグリップを確認します。   人間の手首の動きは、伸ばした手を親指の方向に向けて動かすと痛みます。 […]

ドラムの音の出し方 5

初心者の方向け ドラムの音の出し方5   さて、リラックスした体勢で肘の位置を決めたらまっすぐスネアに対して手を伸ばすわけですが、肘の角度は極力45度にいたしましょう。   これはいろいろと理由があり […]

ドラムの音の出し方 4

初心者の方向け ドラムの音の出し方4   構えたときの肘とチップの位置は出来るだけ真っ直ぐになるようにしましょう。   なぜそれが大事なのか。   スネアドラムの打面を振動させるということは […]

ドラムの音の出し方 3

初心者の方向け ドラムの音の出し方3   さて、関節をどのように使うのが良いのでしょうか?   まず、最初に構えを作るときに、リラックスして手をぶらりと下げておきます。   すると、一番自分 […]

ドラムの音の出し方 2

初心者の方向け ドラムの音の出し方2   さて、手というより腕全体で見たときの関節の数はいくつあるでしょうか?   答えは 手首 ひじ 肩の3つです。   細かく言うと指などもありますが、大 […]